最高裁 差戻し・国内・海外・エンターテイメント・スポーツ・テクノロジー・ファイナンスなど、さまざまなジャンルの気になった出来事を独自の視点で綴りながら“魔法の豆の木”を探しています♪

スポンサーサイト




上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高裁 差戻し




最高裁
そのうえ、山口繁最高裁長官らは本サイトの追及に対し、 ... 最高裁は何を隠したいのか ... 第1審、第2審では認められた「相手方の氏名等」の公開を、最高裁は「相手方に不快、不信の感情を抱かせ、信頼関係あるいは友好関係を損なうおそれがある」など . ...


住基ネット最高裁判決(3) 住基法を優先、目的外利用禁止の実効性を認める
前回は、住民基本台帳ネットワーク(以下、住基ネット)に関する最高裁判決の判断のうち、個人に関する情報についてどのような内容の自由、権利を認めたのかを中心に検討しました。


[Text]光市母子殺害の新供述と最高裁判決の比較、検証
しかし,当審判例(最高裁昭和56年(あ)第1505号同58年7月8日第二小法廷判決・刑集37巻6号609頁)が示すように,死刑制度を存置する現行法制の下では,犯行の罪質,動機,態様殊に殺害の手段方法の執よう性・残虐性,結果の重大性殊に ...


チーム医療の説明責任は? 最高裁、初判断示す
外科医や麻酔医、看護師らが連携して医療を行う「チーム医療」の総責任者が、患者に手術の危険性などを説明する義務を負うかどうかが争点となった訴訟の上告審判決が24日、最高裁第1小法廷であった。甲斐中辰夫裁判長は「主治医の説明が十分ならば、総 ...


最高裁 上告
2年前に大阪高裁で勝利した「ネスレ介護配転事件」、ネスレ社が最高裁への上告申請していましたが、4月18日に最高裁が「ネスレ社の上告申請を棄却する。」との決定を下しことが通知されました。 日本政府は1995年にILO156号条約を批准し、 ...



「十分に尊重するべき」最高裁、精神鑑定を初判断 傷害致死事件判決差し戻し
MSN産経ニュース
精神鑑定の評価が問題となった傷害致死事件の上告審判決が25日、最高裁第2小法廷であった。古田佑紀裁判長は、評価方法の枠組みについて「否定する合理的な事情が認められない限り、十分に尊重するべき」との初判断を示した。その上で、「心神喪失」との鑑定結果を否定 ...



高知・占師殺害:最高裁が上告棄却、無期懲役が確定へ /高知
毎日新聞
高知市で知人の占師、林川貞美さん(当時58歳)を殺害したとして強盗殺人罪などに問われた無職、寺本悟被告(28)に対し、最高裁第2小法廷(今井功裁判長)は22日付で上告を棄却する決定を出した。1、2審の無期懲役判決が確定する。小法廷は「上告理由に当たら ...



旧幸福銀行:元社長の実刑確定へ 最高裁が上告棄却
毎日新聞
99年に破綻(はたん)した旧幸福銀行(大阪市)の不正融資事件で、特別背任罪などに問われた元社長、頴川(えがわ)徳助被告(80)に対し、最高裁第1小法廷(横尾和子裁判長)は23日付で、上告を棄却する決定を出した。懲役4年6月の実刑とした1、2審判決が確定 ...



チーム医療の総責任者、自ら説明の義務なし・最高裁
日本経済新聞
チーム医療による手術で、チームの総責任者が患者や家族に手術内容や危険性を直接説明する義務を負うかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第1小法廷(甲斐中辰夫裁判長)は24日、「知識と経験のある主治医が説明すれば総責任者が自ら説明する義務は負わない」との初 ...



住基ネット最高裁判決(3) 住基法を優先、目的外利用禁止の実効性を認める
nikkei BPnet
前回は、住民基本台帳ネットワーク(以下、住基ネット)に関する最高裁判決の判断のうち、個人に関する情報についてどのような内容の自由、権利を認めたのかを中心に検討しました。今回は、住基ネットがかかる自由を侵害しないと最高裁判決が判断した理由について、自己 ...





ちょっと一休み♪  >> ★禁断のスイーツはコチラ★



スポンサーサイト
Copyright © ★ジャックと豆の木(Jack and The Beanstalk) All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。